お得に飛行機に乗ろう

最近は新幹線も北海道から九州までカバーするようになったので、沖縄以外は移動手段の選択肢が増えました。
でも飛行機での旅行を考えた場合、やはりネックになるのは飛行機運賃の高さですよね。
ここでは、飛行機に安く乗る方法をいくつか紹介しましょう。

早期割引を利用する

まず、出掛ける予定日が決まっているなら、ANAやJALなどの大手航空会社が行なっている早期割引サービスを利用して格安航空券を手に入れるのがおススメです。
これは搭乗する日よりも早めに購入することで割引が受けられるというもので、基本的に早ければ早いほどお得です。
75日前までなら80パーセント以上の割引を提供してくれるものもありますが、そこまで早く予定は立たないという人でも28日前までに購入すると通常運賃よりもかなり安くなります。
ただ、ゴールデンウイークやお盆、年末年始などは利用する人も多く、また早期割引対象の座席数自体が多くないために早く売り切れてしまうこともよくあるので安く飛行機に乗れる時期に予約したり、あるいは早めに予約するのがいいでしょう。

路線や会社を変える

また、路線や航空会社によっても料金が異なります。
たとえば東京―沖縄や北海道などはもちろんANAやJALが飛んでいますが他にもエアドゥやスカイマークもあり、こちらのほうが安く買えます。
東京から熊本へ行く予定だけれども格安航空券がないといった場合、東京から福岡へ行くチケットを探すのも一つの方法です。
これなら多くの会社が扱っているので安いチケットを見つけることができるでしょうし、福岡から熊本まで列車やバスで移動してもそれらに掛かる運賃との差額以上安価に飛行機チケットが買えるかもしれません。


その他にもあります

搭乗直前に買うというのも安く買う手段の一つです。
格安航空券を扱っているお店などで旅行社がさばききれなかったチケットを割安に販売していることがあるからです。
ただし確実に欲しいチケットがあるという保証はなく、結局は通常価格や高いチケットを買わざるを得なかったというケースもないとはいえませんから、ビジネスで使用する際などはちょっと危険かもしれませんね。
この他にも、航空券とホテルをセットで購入する「ツアーパック」もいい方法です。
飛行機代と宿泊代を別々に支払うよりもかなり安くなるので、「この宿に泊まりたい」「知り合いの家にお世話になる」といった人でなければ結構おススメです。
でもフライトやホテルがあらかじめ決まっているので自由度がないという人には、最近「ダイナミックパッケージ」というものもあります。
これなら自分の好みのフライトを選んだり宿泊施設を選びそれらを組み合わせることができるのでかなり個人旅行に近い感覚で利用でき、そのうえ金額はお得になっています。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 長距離の旅行は時間を有意義に使うため飛行機の移動が人気 All Rights Reserved.