JALの「先得」

国内旅行で飛行機を利用する場合、やはり料金の高さはネックになりますよね。
移動に掛かる経費はなるべく抑えて、その分でホテルをランクアップしたりおいしいものを食べたりといったちょっとした贅沢を味わいたいという人も多いのではないでしょうか。

早期割引サービスを利用しよう

そんな際に利用したいのが、大手航空会社が実施している格安航空券です。
会社によって呼び名は異なりますが、ANAなら「早割」や「特割」、JALは「先得」と呼んでいます。
テレビのCMなどを見て、言葉くらいは耳にした人も多いかと思います。
これは搭乗までの日にちが長ければ長いほど安くなるというもので、早期予約割引システムです。
それぞれの会社で日にちを区切っておりそれを1日でも過ぎると料金が高くなってしまうので、できるだけ早めに購入するといいでしょう。

「先得」はお得

ここではJALの「先得」のついて紹介していきます。
まず、搭乗の55日前までの購入の際には「スーパー先得」、「先得B」は45日前まで、「先得A」は28日前まで、特便割引7は7日前まで、特便割引1は1日前までの購入が適応されます。
これらはそれぞれ搭乗までの日にちによって割引率が違いスーパー先得なら80パーセント程度の割引が受けられますし、その他の「先得」でも半額程度にはなるようです。
さらには75日前までの予約に適用される「ウルトラ先得」というものもあり、この場合には最大86パーセントの割引になるというから驚きですよね。
他にも「バーゲンフェア」と称して、期間限定で格安航空券が販売されることもあります。

ただし、料金が安いこともありいろいろと規制事項も少なくありません。
予約の変更ができない、もし行なうなら一旦キャンセル料を払ってキャンセルをして新たに予約し直さなければならないことやその際のキャンセル料が高い点があります。
また、提供座席数が多くない上に人気が高いのですぐに売り切れてしまうことや路線や期間によっては運航していないことがある点も挙げられるので要注意です。

JALもANAも同じ

こういった早期割引サービスはJALだけでなくANAも実施しており、料金や割引率はほとんど同じです。
以前ANAは楽天トラベルと組んで航空チケットと宿泊場所をセットで予約する「ANA楽パック」というサービスがありました。
これは飛行機と宿を別々に予約するよりも非常に安く利用できたのでANAのほうがお得で便利だったのですが、最近JALも同じサービスを実施しておりどちらを選んでもさほど違いはなくなっています。
したがって、自分のスケジュールの都合や好き好きで選べばいいでしょう。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 長距離の旅行は時間を有意義に使うため飛行機の移動が人気 All Rights Reserved.